会社名
会社名

 

工作機械のオーバーホールとは
...工作機械は年々老朽化し、どのような優秀な機会でも長年に亘り使用されると廃棄するか、オーバーホールして新しい機種に改造、更新修理されることが考えられます。とくにグリーソン社製の機械は大変複雑で特殊な技術を要します。
........
...#116型の機械はクレードルの内径が磨耗した場合、内径はボーリング加工して、ワークスピンドルの中心より0.01以内にラップ仕上をし、クレードルローラーを新しく造り換えます。また、その他の部品は洗浄して不良部品をお客様との立合いの上、交換または購入部品を決めます。

...ハイポイド関係の機械はクレードルとカッタースピンドルの振れ精度はコンマ5ミクロンまで外径および端面の精度を向上しないと要求する歯車が出来ません。
........
...1988年には#116型のギヤー駆動よりCNC化に当社で設計開発し、電装並に油圧装置を取り入れたCNC機械を設計・製作しました。旧機械の歯車およびカムは一切使用しておりません。 これが当社の開発機械です。
....また、他に#606〜607型のギヤー歯切り盤もCNC化に改良して新しい機械と同じように改造しています。歯切りには位置決めとしてオートストックデバイダーも取り付けています。
........
...その他色々な機種にも改善に努力しています。これが私達修理技術者の心得と考えています。今後も皆様の声を取り入れて改善・改良し、よりよい機械を修理してお渡しいたします。

Copyright(C) 2005 Kanie Co.,Ltd All right Reserved
このホームページの写真・イラスト・文章の無断転載を禁じます。全ての著作権は株式会社カニエに帰属します。